ダイエットシェイクの基礎知識

11月 25th, 2013

今となってはダイエットブームも熱がおさまることはなく、誰でも一度くらいはダイエットに挑戦したことがあるかと思います。ダイエットの方法にもたくさんありますが、手軽にできて便利なダイエットシェイクというものがあります。

これは名の通り、シェイクタイプのダイエット食品、またはダイエットサプリメントで、普通一食をこのダイエットシェイクに置き換えてダイエットをするというものです。

普通ダイエットシェイクというと、カロリーカット、そして脂肪の燃焼率をあげる働きを担っています。ダイエットシェイクには1食分で摂るべき栄養素がきちんと含まれている上に、1食分に置き換えてしまいますから、当然のこと摂取カロリーはぐんと低くなります。

また普段私たちに不足しがちな栄養素と言えば、ミネラルとビタミンです。このミネラルとビタミンが不足するとしっかりと脂肪を燃焼してくれなくなるので大きな問題となります。そのため、このダイエットシェイクにもミネラルとビタミンが入っているのも特徴だと言えるでしょう。

また脂肪を落として、筋肉まで落としてしまわないようにプロテインが入っているこも大切なポイントです。このプロテインの働きをスムーズにさせるためには、適度な運動を取り入れるといいでしょう。

このようにダイエットシェイクは必要な栄養素をしっかり摂りながら、つまり健康的にダイエットできる方法なのです。継続的にダイエットシェイクを飲むことが大切ですが、ダイエットシェイクは味の種類も豊富なので、飽きることなくダイエットをできるはずです。甘いものがやめられないという方にも、おすすめのダイエット食品です。

ダイエットフードはエステと比べてどうなの?

11月 10th, 2013

ダイエットフードはダイエットエステと比べてどうなんでしょうか?ダイエット食品は「食べるだけで痩せることができる!」と思われがちですが、けして食べれば痩せるという製品ではありません。

そもそもダイエットとは、痩せることが目的では無いのです。健康的な体を作ること、美しい体を作ることが目的なのです。もちろん、太りすぎの体は健康によくありませんから「痩せる」ということもダイエットでは重要な要素と言えます。

ダイエットをするには、食事から変える方法もありますが、ダイエットエステのように、運動や痩身マッサージやセルライトをつぶすマシンで対策するものもあります。個人的にはダイエットエステに行くと何十万円もかかってしまうので、ダイエット食品の方をお勧めします。

つまりダイエット食品とは、健康的で美しい体を作ることを目的とした製品なのです。その種類は豊富で、運動をしたときに脂肪の燃焼を促す効果のあるもの、摂取したカロリーの吸収を抑えてくれる効果のあるものと様々です。

カロリーを抑えて必要な栄養素が摂取できるダイエット食品は、痩せたいという人にだけ向けられたものではありません。食事を作る時間が無い、新鮮な野菜を買いたいけれど帰る頃にはスーパーが閉まっているなど、時間に追われて栄養バランスが偏ってしまう人が、必要な栄養を手軽に摂取するといった使用方法でもあります。

また風邪をひきやすい季節や環境で、ビタミンを摂って風邪の予防と免疫力を高めるといった使用法もできます。その他、牛乳や小魚が苦手で食べられない人が、カルシウムを摂って偏った栄養のバランスを保つ役割もします。

中には抗酸化物質やコラーゲンなどアンチエイジングに効果のある美容成分が配合されたダイエット食品もあり、美容効果を求めて使用する場合もあるのです。
自分の目的を考えて、それに見合った効果的なダイエット食品を選びましょう。

ダイエット食品の重要成分

6月 30th, 2012

ダイエット食品という名前よく聞くけれど、どれが効果があるのか、自分に合っているのかわからない、そういった人は多いと思います。ダイエット食品は実に様々な種類が有り、それぞれに異なった効果があります。

それはダイエット食品に含まれる成分がそれぞれ違うからですが、ビタミンなど良く耳にするものからLカルチニンなど通常あまり聞いたことのないものまで数多く存在します。これら全ての成分がどんな働きをするのか知ることが一番良いのですが、そんなにたくさん覚えきれないという人のために重要な成分をピックアップしたいと思います。

そもそも人間の体には、どういった栄養素が必要なのかを知りましょう。
1.タンパク質、糖質、脂質
 これらは体を構成する重要な材料となり、生命活動のエネルギー源となる栄養素です。

2.ビタミン類、ミネラル
 体の臓器や組織を円滑に働かせ、体の調子を整えてくれる潤滑油と言われる栄養素です。(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウム、鉄、リン、亜鉛、カリウムなど)

3.食物繊維
 栄養分の吸収速度をゆるめたり、有害物質を体外に排出する作用があります。

これらが、よく言われる5大栄養素+食物繊維というものです。いずれも不足すると健康を損ねてしまうので、ダイエット食品を購入する際はよく成分をチェックしましょう。ダイエット食品の成分表示をよく見て、自分に足りていない栄養素を補い、健康的なダイエットを心がけましょう。

ダイエット食品の安全性

6月 29th, 2012

ダイエット食品はサプリメントやシェイクなどさまざまな種類があり、薬局やコンビニでも見られるほど大ブームとなりました。

しかし、ダイエット食品を買うときに、きちんと成分表示を見て決めている人はどのくらいいるでしょう。実に多くの人が「効果のある部分」だけに目がいってしまい、広告されている宣伝文句に左右されがちです。

服などを買うときにはデザインや値段を見て、必ずサイズが自分に合っていることを確かめてから購入します。ところがダイエット食品を買うときは、この重要なサイズのことを失念しがちなのです。

ダイエット食品におけるサイズとは「成分表示」のことです。製品の裏書きにある成分表示をきちんとチェックすることが、安全性を確認する重要項目です。難しい成分の名前や働き、適量まで知っているのが理想ですが、そこまでしっかりと覚えずとも、成分の量が書かれているかどうかを確認するだけでも意味があります。

原材料は配合量の多い順番に並んでいるので、目的とする成分が最初の方に書かれているか、無駄な成分がたくさん入っていないか、特に栄養素と関係ない成分が最初に書かれていたら要注意です。しっかりとチェックしましょう。

さらに、栄養素の含有量表示がきちんと明記されているかを見ましょう。この栄養成分の表示は法律上の規制が無いので、メーカーによって異なります。これの無いダイエット食品は、サイズのわからない服のようなものです。
口に入れるものだけに安全性には充分気をつけて、納得のできるものを購入しましょう。

ダイエット食品の種類

6月 28th, 2012

ダイエット食品は多くのものが身近で販売されるようになり、日常的に良く目にするようになりました。その種類も様々で飲料タイプのものから、クッキーなどの軽食タイプ、サプリメントタイプ、レトルト食品、冷凍食品といったものまで販売されています。

一般的でよく知られているのは、食事を制限するタイプの置き換えダイエット食品でしょう。1日の食事の1食か2食をダイエット食品に置き換えるというものです。

スープやビスケットなどでは物足りないと言う人のために、腹持ちのする雑炊やお粥、昨今ではラーメンやパスタ、丼物などまで用意されており、なんとカレーライスやケーキといった製品まであるのですから、ラインナップの豊富さに驚かされます。

甘い物が好きな人、苦手な人などいろんな人が自分の好みに合わせて選べるようになっています。使用方法も食事との置き換えだけでなく、食事の前に摂るものや食事の後に摂るもの、寝る前に摂るものなど自分の1日のスケジュールに合わせて選ぶことができます。

普段の食生活をあまり変えたくない人にはサプリメントがお勧めです。手軽に足りない栄養素を補うことができるので、健康のことを考えて使用する人も多いのです。

食べ過ぎて困っている人は、満腹中枢を刺激するダイエット食品を利用してみましょう。食欲を抑える効果が期待できます。体脂肪の燃焼を促すダイエット食品や、老廃物の排出を促すダイエット食品など自分の体質や生活習慣に合わせて上手に活用していきましょう。