ダイエットシェイクのデメリット

ダイエットシェイクによるダイエットは、とても簡単で大きな効果も期待できる優れものなのですが、残念ながらリバウンドの可能性を大いに秘めているダイエット法でもあるのです。

リバウンドは食事制限によるダイエットによく見られるもので、これを繰り返してしまうと、痩せにくい体型を作ってしまうこととなります。これでは大きな効果をもたらすダイエットシェイクを利用しても意味がありません。

そこでそんなリバウンドの問題を予防するために、まずはダイエット終了後は徐々に生活を元に戻すように心がけるとよいでしょう。ダイエットシェイクの場合1食または必要に応じて2食をシェイクに置き換えることができます。

2食を置き換えた場合、普通の食生活に戻す前に1食をダイエットシェイクに置き換えた生活を送るようにしましょう。
とてもカロリーが低いこのダイエットシェイク生活から一気に普通のカロリーを摂れば、当然リバウンドが起こる可能性が高くなります。つまり急激な食生活の変化はリバウンドを導くというわけなのです。

そして大切なのは適度な運動です。特に激しい運動を必要以上に行う必要はありません。ウォーキングなどの軽い運動を取り入れることで、エネルギーを消費しやすい体質を作ることができます。

そうすることによってダイエット終了後も体重を維持することができるでしょう。特にこの適度な運動は、ダイエット中から習慣として生活に取り入れることができるようにしましょう。

Comments are closed.