ダイエット食品の安全性

ダイエット食品はサプリメントやシェイクなどさまざまな種類があり、薬局やコンビニでも見られるほど大ブームとなりました。

しかし、ダイエット食品を買うときに、きちんと成分表示を見て決めている人はどのくらいいるでしょう。実に多くの人が「効果のある部分」だけに目がいってしまい、広告されている宣伝文句に左右されがちです。

服などを買うときにはデザインや値段を見て、必ずサイズが自分に合っていることを確かめてから購入します。ところがダイエット食品を買うときは、この重要なサイズのことを失念しがちなのです。

ダイエット食品におけるサイズとは「成分表示」のことです。製品の裏書きにある成分表示をきちんとチェックすることが、安全性を確認する重要項目です。難しい成分の名前や働き、適量まで知っているのが理想ですが、そこまでしっかりと覚えずとも、成分の量が書かれているかどうかを確認するだけでも意味があります。

原材料は配合量の多い順番に並んでいるので、目的とする成分が最初の方に書かれているか、無駄な成分がたくさん入っていないか、特に栄養素と関係ない成分が最初に書かれていたら要注意です。しっかりとチェックしましょう。

さらに、栄養素の含有量表示がきちんと明記されているかを見ましょう。この栄養成分の表示は法律上の規制が無いので、メーカーによって異なります。これの無いダイエット食品は、サイズのわからない服のようなものです。
口に入れるものだけに安全性には充分気をつけて、納得のできるものを購入しましょう。

Comments are closed.